未だ他の追随を許さない、ベースシンセのハイエンドモデル!

初期のムーグ・シンセサイザーに代表される、ヴィンテージ・アナログ・シンセ・サウンドから、10個のスライダーを操作することにより、逆回転サウンドや弓弾きサウンドや強烈なパーカッシヴサウンドまで再生を可能としたベース用にチューンアップされたベースシンセです。

ベースの原音、オクターブ上/下、スクエアウェイブの4声が各独立し操作可能。アタック・ディレイにより、ヴァイオリンのような柔らかいニュアンスを、または強力なフィルタースイープにより、スペーシーかつドライヴ感溢れたサウンドまで1台で表現可能と、使用する方により様々な表情を持ったペダル・エフェクターです。コンパクトかつ強固な筐体になり、エフェクトボード内での引き回しも随分し易くなっております。

使い始めのうちはそのフェイダーの多さ故、使い方が難しく感じられるかも知れませんが、シンセのイメージでボイシングとフィルターをコントロールし、後は使用ベースとのエフェクトセンシビティを決めてやれば、このエフェクターでしか再現(表現)できないサウンドが如実に作り出せます。それこそが、このエフェクターが未だ選ばれる所以。是非、お試し下さいませ!

【コントロール】
・VOICE MIX
●TRIGGER:Filter Sweep(自動トーンコントロール)が働き出す感度を、入力した楽器のボリュームに合わせる為のコントロール。
●OCTAVE SUB-OCTAVE:単音のみ作動。オクターブの音色は音に深みを増す為、少量の歪み倍音が含まれます。
●SQUARE WAVE:ピッキングの強弱、ボリュームに応じて音量が決まります。通常はファズと同様の働きをします。

・FILTER SWEEP
●RESONANCE:フィルターが通る音域の幅を決定します。レゾナンス量を増すとブースト効果が得られます。
●START FREQ:フィルターが働きだす周波数を決定します。
●STOP FREQ:フィルターのスイープが終わる周波数を決定します。
●RATE:ピッキング後、フィルターが始まり終わりの周波数に動いて止まるまでの時間を決定します。アタックディレイ同様弾く早さに合わせて調節していきます。

【主な仕様】
・寸法:144W×119D×60Hmm
・重量:550g
・電源:アダプター(9.6V DCセンター・マイナス)
<a href=ROLAND 《ローランド》Blues Cube Cabinet410" width="367" height="12">

種別
調理時間
キーワード

DPA ST4015C コンデンサーマイクロフォン ステレオペア

MicroSynthesyzer Electro Harmonix Bass MicroSynthesyzer 【ベースシンセサイザー】-その他

PAiSTe / Signature Precision Thin Crash 16インチ クラッシュ シンバル
audio-technica AT2035 コンデンサーマイク 【オーディオテクニカ】
和食の要ともいえる“だし取り”について、基本の取り方、だしパックの作り方、そそぐだけのだし取りなど特徴とともに一覧にしています。

特集ページ一覧

スポンサーリンク

MicroSynthesyzer Electro Harmonix Bass MicroSynthesyzer 【ベースシンセサイザー】-その他